航空輸送の貨物形態

2020/06/11

航空貨物は、形態により一般貨物輸送、緊急貨物輸送、特殊貨物輸送、チャーター輸送、速達輸送に大別できます。

1)一般貨物航空輸送

 

一般貨物航空輸送荷送人が特別な要件を持たず、空母および民間航空当局が特別な規定を持たない貨物を指します。そのような貨物は一般的な輸送手順に従って処理され、運賃は基本価格です。

2)緊急航空輸送

 

緊急発送とは、24時間以内に発送する必要がある商品を指し、荷受人はそれを取得することを熱望しています。緊急品の運賃は、通常品の1.5倍です。航空会社は緊急品の輸送を優先すべきです。

航空輸送

3)エアエクスプレス

 

航空会社は客室乗務員の専門家を編成し、最速の方法で最速の方法で荷受人に速達を届ける責任があります。速達の運送業者は、航空会社、航空貨物運送会社、または特別速達会社にすることができます。速達便には3つの方法があります。1つは空港から空港へ、そして荷受人は空港で待っています。 2つ目は、宅配便サービスです。運送業者が荷送人から商品を受け取り、指定された時間に直接商品を配達します。荷受人の住所。第三種は宅配便によるランダム配達です。速達便は安全、迅速、かつ正確です。航空貨物輸送の重要な部分となっています。輸送量のほとんどは、2番目の方法で実行されます。発送される商品は、主に文書、サンプル、および小さなパッケージです。速達便の費用は比較的高く、通常、距離に応じて価格が設定されます。運賃の他に、交通費、陸送費もかかります。

 

4)スペシャル航空輸送

 

航空輸送で特別な要件を持つ一部の商品の輸送は、特別輸送または特別貨物輸送と呼ばれます。

 

5)チャーター航空輸送

 

チャーター便は、チャーターオペレーターとチャーター契約に署名する航空会社を指し、飛行機のトン数はチャーターオペレーターによって完全に利用されます。チャータートン数には、船内座席と貨物トン数が含まれます。チャーターおよび輸送される貨物の最大重量は、飛行安全の条件および民間航空局の関連規制に準拠している必要があります。チャーターはマイレージに応じて課金されます。航空機が別の空港から移管された場合、返却時に他の作業はありません。また、移管料金もかかります。走行距離に応じて手数料がかかります。コミッショニングマイレージには、コミッショニングマイレージと復路が含まれます。